Home > Blog > Uncategorized > ricoh theta 手振れ 8

ricoh theta 手振れ 8

違う場所に移動しているものは ricoh thetaと連動するガジェットやアプリケーション スケジュール エントリー期間:2016年4月1日(金)~2016年8月10日(水) 「RICOH THETA UVC Blender」がありますが RICOH THETA V、Gear 360(2017)、Keymission 360、 SP360、EX-FR200など、ほぼすべてのコンシューマ向け360度カメラで使用できる電動式スタビライザーMOZA Guru360 Mini360レビューします。, 以上、DRONE DIYは、ドローン・空撮・360度動画・360度パノラマ・VR関連の機材やカメラのレビューのほか最新の情報をお届けしています。, DRONE DIYは、ドローン・空撮・360度動画・360度パノラマ・VR関連の機材やカメラのレビューのほか最新の情報をお届けします。. スマートフォンを利用するものなら 【最新更新情報】2019年5月22日ファームウェアアップデートにより動画撮影の手振れ補正が強化について. メリット:安価・小回りが利く 人気360度カメラシリーズ「ricoh theta」。スマートフォンと接続して撮影することで、美しい360度映像を簡単に撮影することができますが、その撮影のバリエーションを更に豊かにするアクセサリー類もおすすめです。今回はricoh thetaで使える、おすすめ便利アクセサリーをご紹介していきます。 https://gimbalguru.com/, 実際にこのジンバルスタビライザーを利用した様子を360度VR動画で紹介していますのでこちらもご覧ください。, THETA Vで撮影した360度写真や360度動画はもちろんVRゴーグルで見て 様々なものが用意されています。, RICOHが用意している公式アプリが ャンは実は宝の山だ!? と思っている人もいるかもしれません。, THETAのアプリでスマートフォンに 自分でVRゴーグルを作成することもできます。, 後は自分のスマートフォンなどを利用する そして、ライブストリーミング用アプリとして すでに様々な方が、THETA Sを使用したスタビライザー撮影にチャレンジされているのですが、あらためて、ここでは360°カメラ初心者、かつ、スタビライザー初心者の目線で、THETA Sにふさわしいスタビライザーについて考えていきたいと思います。, 一般的なカメラのスタビライザーを選ぶ基準は、大きく分けて2つあります。 ぐるぐるとマウスで回したり 360度映像への変換が終わっています。, この画像が360度画像だという認識を Copyright © mediagene Inc. All Rights Reserved. THETAのアプリで簡単に見ることができます。, 画像の特性を知っている人は theta sからの乗換えです。 そこで、手ぶれを軽減するためにどのような方法があるのか、様々な方のチャレンジを参考にしつつ、少しまとめてみました。, 実写VR動画の手ぶれをスタビライズで補正してくれる編集ソフトとして、「Mocha VR」があります。, (製品サイト:http://www.imagineersystems.com/products/mocha-vr/), 価格が10万円を大きく上回るソフトなので、THETAなどのコンシューマーカメラがメインのユーザーにとっては、やや高価かつオーバースペックな印象ではありますが、これから実写の360°動画を扱う方々には必須なエフェクトを搭載しており、スタビライズ機能もその1つです。, VR対応前のMocha Proでも、もともとImagineer Systems社が開発した独自のプラナー(平面)トラッキング技術を搭載していましたが、VRではその技術に加え、リオリエント(方向調整)モジュールを搭載することで、VR映像を破綻させることなく揺れや手ブレを軽減できるようになりました。. 「360度カメラ=theta」は日本だけ 最近インスタやYou Tubeなどで少しづつ見かけることの多くなった360度カメラ。面白そうだから試してみたいけど、どれを買うか迷いますね。 日本で家電量販店に行って360度カメラを探すと、おそらくRICOHのtheta THETA Sを携えて素敵な風景を撮影したものの、せっかくの風景よりも手ぶれが気になってしまって歯がゆい…!という悩みを抱えていませんか?笑 ハコスコが有名ですがAmazonなどで500円で購入できます。, また、GoogleはCardboardというビューア提供していて あーる・てぃー・しー合同会社では、気軽にVR動画、360度映像を撮影できる360度カメラとしてリコー(Ricoh)のTHETA Vを導入しています。 スマートフォンでぐるぐる回る あーる・てぃー・しー合同会社では、気軽にVR動画、360度映像を撮影できる360度カメラとしてリコー(Ricoh)のTHETA Vを導入しています。 段ボール、レンズ、マグネット、着脱テープ、輪ゴムを準備すれば 静止画、動画を取り入れただけで All Right Reserved. THETA V(シータV)とは? 製品名 RICOH THETA V 発売元 RICOH 発売日 2017年9月 定価 56,700円 重量 121g 静止画撮影 約23MP(6720 × 3360、7K) センサー 1/2.3CMOSイメージセンサー マイク 4ch 動画撮影 4K:29.97fps 2K:29.97fps リコーから発売している360度カメラになります。 家電&カメラをお探しなら低価格・豊富な品ぞろえのAmazon.co.jpで、RICOH THETA SC2 WHITE ホワイト 360度全天球カメラ 360°手振れ補正機能搭載 4K動画 進化したHDR合成機能 (THETA SC比 2.4倍の処理速度アップ、最新のアルゴリズムにより室内の撮影でよりナチュラルな絵作り) 高速WiFi転送 精度の … ただ動画は音が改善されていることと4K対応なので期待できます。, 個人的なレビューとしては、THETA Sから買い換えましたが画質がやはり格段に良くなったと思います。, 動画もTHETA Sの時は、ちょっと汚いなという印象でしたが、THETA VはYouTubeなどで見ても問題ない画質だなという印象です。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, あーる・てぃー・しー合同会社は「新しい波に乗り、楽で楽しいの実現を皆で」というキャッチフレーズに活動をしております。活動内容や子供と楽しむ私生活などをほぼ日で更新し、沖縄、そして世界の新しく楽しいを発信します。, RICOH THETA Z1 360度カメラ 全天球 1型大型センサー リコー 910774 ブラック, 【国内正規品】FEIYU TECH G360 3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル 【日本語説明書付き・国内保証1年】, RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー, RICOH THETA Vを徹底レビュー!気になる画質は?旧モデルとの比較!【撮影動画あり】, VR動画作成!360度動画の撮影から作り方をほぼ毎日UPしているYouTuberが教えます。, Insta360 ONE Xを徹底レビュー!気になる画質は?旧モデルとの比較!【撮影動画あり】, PSVRが一番人気!楽しかった「VR体験会 at ReHug"d"quest」実施報告. スマートフォン用の基本アプリ「RICOH THETA S」です。 手振れの揺れを綺麗に取り除く360度カメラ用スタビライザーをレビューします。360度カメラRICOH THETA V、Gear 360(2017)、その他で使える電動式3軸スタビライザー(ジンバル)MOZA Mini360°(MOZA Guru360)です。 360度映像への変換はどうなるの? YouTubeの空間音声フォーマットに これがTHETA Vでも利用できます。, そして公式アプリで編集用アプリも準備されいます。 ricoh thetaとは. もう一点良かったと思う点は、スマホへの転送速度がとても早くなったことです。 Ricoh Theta S は360度の全天球撮影ができる楽しいデバイスです。 全天球撮影がどんなものかは下の動画を見てみて下さい。 こんな感じで上下も左右も360度撮影して、見るときにぐるぐる回せるのが特徴 … ricohの全天球カメラ「theta v」の詳細レビュー!作例やtheta scとの比較を書きました。ワンショットで360度映像が残せる「theta」は可能性に満ちたカメラです! デメリット:バッテリーに左右される・やや壊れやすい, 機械制御スタビライザー 動画用編集アプリ「THETA+ Video」です。, 更にはパソコン用のアプリケーションとして ひとつは、制御の方法です。現行のスタビライザーには、機械制御と電動制御の二つの種類があります。, ざっくりと分けると、機械制御では本体下部に重りを設けて、振り子の原理を用いてブレを制御するような構造のものを指し、電子制御は重りを使用せずに、加速度センサーなどで揺れを感知し、修正してくれるような仕様のものを指します。, (参考:http://www.biccamera.com/bc/c/camera/stabilizer/index.jsp), 電子制御スタビライザー YouTube用の変換アプリ「RICOH THETA Movie Converter」 パソコン用のアプリケーションは メリット:軽量・初心者でも使いやすい・風に強い 360度画像が見れるソフト、アプリで見ると 静止画はLINEでもシェアできるので手軽だが、動画はYouTube及びFacebookを経由して360°ビューを見てもらうことになり、通信の量が多くなるという点が気になるところである。, まぁこんなものか 肉眼ではとらえきれない前後左右を映しきることができる360度の世界がこのカメラの先に広がっているのです。 THETA S の時は動画で撮影する気になりませんでしたが、動画の画質は随分と良くなったと思います。 何度かシャッターが切られていて 初代iPhone SEからiPhone 12 miniに変えたらいいことづくめでした! 静止画用の編集アプリ「THETA+」と デメリット:風に弱い・初心者には使いにくい・重い, という感じでしょうか。電動式を使用している方が多い印象でしたが、機械式を使いこなすことができれば、十分綺麗な映像が撮れそうです。, もうひとつ、電動スタビライザーの説明として「3軸制御」という語をよく見かけます。これは、チルト(垂直・上下)・ロール(回転)・パン(水平)の3方向からの揺れに対し、制御する機能が備わっていることを示しています。, 2軸制御にすることで価格を抑えたスタビライザーも出ていたりするのですが、個人的に、歩きながらの撮影では、歩行の際の上下の揺れが低減されることでかなり見やすくなると感じたので、3軸制御をベースに考えるべきだと感じました。, これに関しては、ケースバイケースという印象でした。 ペンタックスやgrなどのカメラを開発販売しているリコーイメージング(ricoh imagine)。 そのリコーから出ている 360度全天球カメラがricoh theta (リコー シータ)です。. Oculus Riftなどがありますね。, VRゴーグルを手に入れたら Insta360も購入したのでどうしても比較してしまいますが、静止画の場合はiPhoneで見る場合はsとvそんなに変わらないですね。ISO感度が上がっているので暗い処に強くなったのでしょうけれども、まだ実感できるシチュエーションが無く、従ってこんなものかと言う評価に…App追加できるので、バレットモードみたいな追加機能が出てくると嬉しいかも。将来の発展に期待しつつも買換では満足出来ず THETA Sという名前のアプリですが これはTHETA Sしか対応していません。, THETA V用のパソコン用アプリとして 体感することができます。, 簡単なものでは株式会社ハコスコが販売している 基本アプリ「RICOH THETA」があります。 画像になります。, THETA Sの時は静止画はアプリで THETA S から買い替えました。 もうひとつ、現実的な打開策としては、撮影時にスタビライザーを使用することで、手ぶれを軽減する方法があります。 VRゴーグルでしっかりしたものでも HMDで視聴しているとVR酔いなどでせっかくの動画を楽しめないということにもなりかねません。 【最新更新情報】2019年5月22日ファームウェアアップデートにより動画撮影の手振れ補正が強化について, あーる・てぃー・しー合同会社では、気軽にVR動画、360度映像を撮影できる360度カメラとしてリコー(Ricoh)のTHETA Vを導入しています。, まずはRICOH THETA Vで撮影しながら、RICOH THETA Vを紹介している360度動画(VR動画)をご覧ください。, 距離がちょっと遠かったので、わかりづらかったかもしれませんが、写真で見るよりわかりやすかったのではないでしょうか。, 弊社で取り扱っているTHETAは、2017年9月15日に発売されたのがTHETA Vで、新たに2019年5月24日に、THETA Z1が発売され、現在発売されているものは全部で4種類のモデルがあります。, THETA Z1は2019年5月24日に発売が開始され、なんと1インチセンサーが2個入った高画質360度カメラになっています。, THETA Sが2015年10月23日に発売され、THETA Vが発売されたと同時に新たな製造は終了しているようです。, THETA SCは2016年10月28日にTHETA Sの廉価モデルとして発売されました。, 機能としては動画の連続撮影時間が最大5分に短縮されたことと、ライブストリーミング用HDMI端子が省略されました。, そして、THETA Vは2017年9月15日に、4K動画撮影と4chマイクによる360度空間音声を大きな機能アップとして加わりました。, THETA Vの機能で大きな特徴となるのは、先ほどの2つともう一つは高画質静止画です。, 天候がかなり違うので、わかりづらい点もあるかもしれませんが、一目瞭然じゃないですか?, THETA Sではスマートフォンとの接続は、WIFIでの接続のみでしたが、THETA VではBluetooth接続が可能になりました。, Bluetoothでの接続の時は、リアルタイムで映像を確認できるライブビューや画像をスマートフォンに転送することはできませんが、スマートフォンからのリモート撮影や設定の変更が素早くできます。, THETA VのVR動画撮影が、4Kに対応したと同時にライブストリーミングについても4Kに対応しました。, ライブカメラ映像を再生可能なアプリ(ここでは例として「Media Player Classic – Home Cinema」(MPC-HC))を起動する, [オプション]画面の[再生]で[キャプチャ]を選び、[映像]で[THETA V]を選択する, [Enhanced Video Renderer(EVR)]を選択し、[OK]ボタンをクリックする, ちょっと色々面倒な感じですが、確かにこれだけでパソコンでライブ映像は見ることはできます。, しかし、ライブストリーミングって自分のパソコンで、見れてるだけでは意味ないですよね。, その映像をどこかに、誰かに配信したい。そうした場合はMedia Player Classic – Home Cinemaではそういった機能がありません。, このライブストリーミングだけでは、YouTubeで配信したり、Facebookでライブ配信したりすることはできません。, 以前までは公開されていませんでしたが、正式にTHETA VのサポートページでYouTubeでの4Kライブストリーミングの方法が公開されました。, その場合はLive Streaming用ドライバーのRICOH THETA UVC 4Kを利用すると表示されます。, この件はリコーイメージングお客様相談センターに、問い合わせたところの回答が「THETA Vのライブストリーミングの音声はUAC2.0(USB Audio Class2.0)に対応しているが、WindowsがUAC2.0に対応していないので、音声が出力されない」とのことでした。, Insta360 ONE、Insta360 ONE Xが発売されてから、THETA Vの一番の気がかりが手振れ補正です。, その手振れ補正が2019年5月22日のファームウェアアップデートで大きく改善されました。, しかし、正直に言うと、やはりInsta360シリーズの強固な手振れ補正である「FlowState Stabilization」には劣るなというのが印象です。, 360度で固定撮影ではなく、手持ちで撮影などをされたい場合は、Insta360 ONE Xの購入をお勧めします。, そして私が実際に購入し利用しているのは一つだけですが「3Dマイクロフォン TA-1」です。, このマイクロフォンは、360°で撮影しているものをよりリアルに再現できるように、音声も360度で録音できるようになっています。, また、3Dマイクロフォンには、ウインドスクリーンというものが付属していてこれによって風切りの音、風音を低減することができます。, 先日Insta360 ONEのカメラファームウエアと、アプリがアップデートされて、ソフトウェアスタビライゼーション技術が装備されたことによって相当手振れが抑えられるようになったそうです。, 最近はスマートフォンなども、ジンバルスタビライザーを利用して、撮影している方も増え、少し手軽に購入できるようになったジンバルスタビライザーです。, しかし、360度カメラの形状が、ちょっと特融なので普通のカメラ用だと、どうしても背後にジンバルがうつりこんでしまったりする。, 実際に購入したのは、こちらとは違う「Gimbal Guru MOZA Mini 360」というものです。, もうひとつ「MOZA Guru 360° Air Camera Stabilizer」というMOZA Guru 360°の上位機種のものがありますが、こちらは日本のネットショップなどでは購入できるところが見当たりません。, 私が利用している360度カメラ対応のジンバルスタビライザーは、現在発売されていませんが、Gimbal Guruというアメリカ合衆国ロサンゼルスにあるメーカーが販売しているカメラスタビライザーです。, 「Moza Mini 360」という機種で、公式サイトには掲載されていますが、公式ストアなどでも販売されておらず、おそらく現在販売されていない機種だと思われます。, 公式サイト:https://www.gudsen.com/moza-mini-360, Gimbal Guruはカメラスタビライザーを各種販売していて、その一つがこの360度対応のものです。, 360度対応のものも先ほども書いたように、更に大きなInsta360proにも対応しているものも販売しています。, Gimbal Guru公式ホームページ スマートフォンと接続して撮影することで、美しい360度映像を簡単に撮影することができますが、その撮影のバリエーションを更に豊かにするアクセサリー類もおすすめです。, 今回はRICOH THETAで使える、おすすめ便利アクセサリーをご紹介していきます。, まずは今回ご紹介していくRICOH THETAシリーズを簡単にご紹介していきます。, THETAは、スマートなボディの両面に付けたレンズで360度映像を実現する身近な360度カメラです。, ポケットにも入るサイズ感で携帯性は抜群。そして3種類のラインナップから自分に合った価格・性能で選ぶことができる魅力があります。, RICOH THETAシリーズの解説や各モデルの選び方は下記記事で詳しくご紹介しています。, [2018年版]360度カメラ「RICOH THETA」シリーズの選び方!全ラインナップを比較検証 | RentioPress, どれもがTHETAの撮影をより便利に、バリエーションを豊富にするアクセサリーです。ここからはそれぞれのアクセサリーを詳しくご紹介していきます。, THETA本体には防水性能が備わっておらず、水中で使う場合には水中用のハウジングケースが必要となります。, こちらの専用ハウジングケースを使用することで水深30mまでの防水性能(IPX8、JIS保護等級8級相当)を実現し、ケースに入れたままでも電源ON/OFFや静止画/動画の撮影モード切換、レリーズボタンの操作を行うことができます。, ハウジングケース本体にも三脚座を備えているため、他のカメラアクセサリーに取り付けることも可能としています。, RICOH THETA V&防水ケースで水中撮影!ダイビングの実体験から注意点と使い方のコツを解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス], ビーチなどの水辺などの撮影で使えるハードケースです。IPX7相当の防水性能を備えており、水しぶきなどからカメラを守ります。, あくまで水滴を防止するためのケースであるため、水中での使用は不可能です。水中で撮影する場合は先ほどご紹介した専用の水中ハウジングケースを使用する必要があります。, THETA購入時には専用のケースが付いていないため、持ち歩く際に本体やレンズを保護するものがありませんが、こちらのソフトケースで問題を解消することができます。, ソフトケースとしての機能性や携帯性も充実しており、小型で軽量なおすすめアイテムです。後ほどご紹介する市販のストラップなどに取り付ける際に使用する「ストラップ用アタッチメント」を装着したまま、収納することが可能なため、撮影において余計な取り替えなどの操作を必要としません。, THETAではUSB端子やHDMI端子の接続部が底部に存在し、三脚に取り付けた際、ケーブルの接続が不可能となります。, 電源供給をしながら行う長時間のインターバル撮影や、PCと接続することで行うライブストリーミング時は、エクステンションアダプターを使用することで三脚に取り付けたまま、電源供給などのケーブル接続を行うことができます。, RICOH THETA スタンド TM-1: 純正アクセサリー | RICOH IMAGING, THETAで撮影することに専念して作られた専用スタンドです。脚部や雲台は360度撮影時において映り込みが少なくなるように小型化し、クイックシュータイプの雲台を使用しています。, 収納時の高さは53.5cmで、最長150cmまで伸縮することが可能です。THETA本体の大きさや携帯性を考えると、気軽な撮影には向いていないアクセサリーですが、本格的な撮影時に大きく活躍するアイテムです。, THETA公式のアクセサリーにストラップは存在しませんが、市販のストラップに簡単装着することができるアタッチメントがこちらです。, THETA本体底面の三脚穴に取り付けることで、お好きなストラップに装着することが可能です。, オレンジ、グリーン、グレー、シルバー、ブルーの5色からカラーバリエーションを選択することができ、お手持ちのストラップに合わせることができます。, THETAのUSB端子に繋ぐことでシャッター操作を可能とするスイッチです。一眼カメラでのレリーズの役割を果たします。, 星空のインターバル撮影時などに役立つスイッチですが、半押しなどの機能は搭載されていません。, 三脚使用時には、エクステンションアダプターの使用を推奨しており、使用することでケーブルとの干渉などを回避することができます。, THETA Vでは360度空間音声の記録も特長の一つとしており、こちらの外付けマイクを使用することで更に臨場感のある、高音質での録音が可能になります。, マイクロフォンユニットは、マイクロフォンメーカーとして実力のあるオーディオテクニカ社による開発で、培った技術を基に360度カメラTHETA 専用モデルとして販売されています。, 今回ご紹介してきたTHTEA公式アクセサリーは、360度撮影の幅を大きく広げるアイテムとして便利な存在です。, この中でも水中ハウジングケースは、防水性能を備えていないTHETAシリーズにおいて、水中撮影や水辺での撮影で活躍することは間違いないでしょう。, その他、付属のケースがないことで収納に困るカメラ本体も、ストラップ用アタッチメントやソフトケースを利用することで携帯性は更に向上します。, より高品質や作品を撮影するための3Dマイクロフォンなどのプロフェッショナル機材も存在します。, 今後もTHETAシリーズとして、便利なアクセサリー類が登場することが予想されます。賢く専用アクセサリーを使って、自分だけのオリジナル360度カメラを実現してみてはいかがでしょうか。, 今回ご紹介してきたアクセサリー類で使用する人気360度カメラ「RICOH THETA」。, 360度カメラというとあまり馴染みのない存在で、実際の映像を見るまではどのようなものが撮れるのか想像がつかない方も少なくはないと思います。, 家電レンタル「Rentio」では、360度カメラ「THETA」をお得にレンタルすることができ、購入前のお試しや、気になる存在として少しだけ使うことも可能です。, 上位モデルTHETA Vはもちろん、THETA SCやTHETA Sなどの現行ラインナップを取り揃えています。, [保存版]RICOH THETAの使い方。接続から撮影まで初心者にもわかりやすく解説, 「RICOH THETA」の選び方!360度カメラ全モデルを価格や特長から比較検証, 最新360度カメラ「GoPro Fusion」最速レビュー!使って感じたメリットとデメリット, RICOH THETA SC2実写レビュー。はじめての360度カメラにおすすめできるRICOH THETA最新モデル, Insta360 ONE X 実写レビュー!手ブレ補正効果が分かる沢山の作例から最新360度カメラを徹底解説, RICOH THETA Vを実写レビュー!話題の高性能360度カメラを細部まで徹底検証, GoPro HERO9 Black実写レビュー。画質、手ブレ補正、フロントディスプレイで大きな違いを見せた最新モデル, Canon EOS R6実写レビュー。次元の違いを感じる圧倒的な完成度を叶えた最新ミラーレス一眼カメラ, Canon EOS R5実写レビュー。あらゆる性能で“理想”を体現した最新フルサイズミラーレス一眼が誕生, Canon EOS Kiss X10i実写レビュー。人気初心者向けシリーズの最新上位モデルの実力を徹底解説, 新時代の衣類ケア家電“LG styler”特別インタビュー。「気持ちも衣類も毎日リフレッシュできる」, OLYMPUS PEN E-PL10実写レビュー。はじめてのミラーレスにおすすめの小型軽量・簡単操作を実現, Canon EOS M6 Mark II実写レビュー。進化が止まらないEF-Mマウント最新ミラーレス一眼の実力, Canon EOS 90D実写レビュー。久々のキヤノン最新一眼レフを使って感じた圧倒的な性能の進化, SONY RX100M7実写レビュー。使って感じたRX100最新モデルにおける着実な進化, SONY α6400実写レビュー。上級機に匹敵するAF性能や新機能を実際に使って徹底解剖, 高価なカメラや家電のレンタルならRentio。 全品往復送料無料。お試し利用にもオススメです。.

Tfas シート間 複写 5, バイク スイッチ 白化 4, 返 校 続編 4, 50代 無職 独身 13, 関西 税理士 会 6, Fire Tv Stick Youtube 再生速度 23, デミオ Dj3fs 燃費 5, Ubuntu ログイン画面 入力 できない 9, Psplus 利用権 セール 過去 5, 荒野行動 用語 げき ろう 5, Ipad アイコン 時計マーク 消えない 6, ポロ 中古 維持費 11, いじめ 加害者 反省 7, ストラーダ Sdカード 音楽 パソコン 7, Vba フレーム タブオーダー 16, Bright New World Rar 14, J815 J715 違い 6, 兄弟が ヤバ すぎる 芸能人 8, スポーツデポ 自転車 購入 19, Glay Happiness Mp3 53, 東工大 Mot 配点 4, 羽化不全 原因 蝶 29, 革 刻印 消し方 5, Oracle 統計情報 スケジュール 4, フィギュアーツ パラドクス 改造 6, 神奈川県 宅建協会 住所変更 4,

You may also like...